バーテンダースクールの案内はこちらをクリック Y.JPG マンツーマン3万5千円コース.jpg 部屋で楽しむカクテルコース2時間5000円の案内はこちらをクリック Y.JPG
くわしい講習内容を知りたい方はこちらをクリック Y.JPG 連載中のバーテンダーテクニックの総集編はこちらをクリック Y.JPG 出張バーテンダースクールの案内はこちらをクリック Y.JPG
スポット2万円スクール19.jpg 何人かで頼むとお得18.jpg
   
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆上海マスター・ バーテンダースクール
練馬校の様子

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


出張しての開校をご希望の方は
こちらをクリック


お申し込み方法はこちらをクリック  ご質問などはこちらをクリック
バーテンダーの授業をとお考えの学校関係者の方々へ
(調理師学校、専修学校、専門学校、ホテルスクール などなど)

2008年03月28日

実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック)

○ 氷の割り方




実践 !! バーテンダーテクニック
     (カクテルテクニック)
氷編 氷について


本日のバーテンダー教室(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック)”を始めます。

おいしいカクテルをかち割り氷47.jpg
創るのに
酒以外で大事なものは、
まず氷でしょう。

カクテルを創ったり、
飲んだりする過程で、
氷はドリンクに溶けて、
味として口に入ります。

水っぽいカクテルに
ならないように、
溶けにくい、
おいしい氷が必要です。

そのため私は、
氷屋さんが時間をかけて、
ゆっくりと凍らせた
溶けにくい氷を
一貫のかたまりで買って、
それを割って使っています。

わざわざ買った氷です。
無駄のないように使いましょう。
どのように割って使っていくのでしょう?

丸氷を無駄なく作るためには
きれいな立方体が必要です。
かち割り氷を作るにしても、
きれいな立方体や直方体が、
大中小といろいろ必要となります。
きれいに割れたかち割り氷を使わないと、
ショートカクテルを創るときに、
水っぽい出来上がりになり易くなってしまいます。
ロングカクテルにおいてでも、
味のばらつきが出たり、
すぐに水っぽいカクテルに
なってしまったりします。

では!
どうやったら
きれいな立方体や直方体の氷が
できるのでしょう。

説明は、
次回 ” 氷を割る前の下準備 ”
へ続く!


これにて、
本日のバーテンダー教室
(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック) ”
はおしまい!


実践 !! バーテンダーテクニック
     (カクテルテクニック)
氷編 氷を割る前の下準備



それでは、
本日のバーテンダー教室(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック (カクテルテクニック)”を始めます。


きれいに氷を割るためには
かち割り氷48.jpg下準備が2つ必要です。

まず1つめ、
アイスピックを
よ〜く研いでおく。

砥石を使って
砥ぐのですが、
いろいろ試してみた結果、
ピックの先は
鋭い円すい形が
良いと考えます。

たとえば、 かち割り氷49.jpg
三角すいに砥いだ方が、
鋭く刺さりますが、
鋭すぎて
抜けなくなったりしますし、
耐久性の点からいっても
劣ります。

私の使っている
アイスピックの先は、
円すい形に、
しかも買ってきたばかりのピックよりも
鋭く砥いであります。


( アイスピックの研ぎ方についての
  くわしい説明は、
  「 アイスピックの研ぎ方 」で
  書いてあります。         )


鋭く砥げているピックだと、
ピックの先が氷に刺さる感じになります。
氷を削るときも、
衝撃は少なく、
氷を削ぎ落としている感じになります。

よ〜〜く砥いでないピックでは、
氷が砕けて、
飛び散っている感じになり、
氷は予想外の方向に
ぐちゃぐちゃに割れていきます。
私は、
バーテンダーにおけるアイスピックは、
侍の刀みたいなものだと、
常日頃考えていますので、
その手入れには、
一番に気を使っています。

 

まめに研いでいれば、キレキレの割り心地です。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

キング 中仕上砥石 800番
価格:1944円(税込、送料別) (2016/8/7時点)

包丁もアイスピックもこの砥石一本で大丈夫です。

 


さて、
よ〜く砥いだアイスピックが
用意できたら、
2つめの下準備、
カチンカチンに凍った氷です。

砥げていないピックの先と同様に丸氷8.jpg
溶けかかった氷も、
きれいに
割れにくいものです。

このため私は、
前の日に
配達してもらった氷を、
店の冷凍庫で
さらに一日おいて、
カチンカチンの氷にして、
それを割って使います。
配達されたままの氷は、
配達の状態によっては、
若干溶けかかっていて、
きれいに割れにくいものです。

配達の話がでてきたので、
おまけ話をひとつ。
氷屋さんって昔ながらのお店が多く、
配達時氷が溶けにくいように、
藁などに氷を直接包んで
運んでいるところがあります。

店で氷を使う時、
藁屑などが着いていると、
一度氷を洗わなければなりません。
氷に水をかけると、
ビシビシっと様々な方向に、
氷のメが入ってしまいます。
この状態の氷を思ったように
割っていくのは、
非常に困難です。

なので、
割る前に氷は洗いません。
氷屋さんに事情を説明して、
そのまま使えるように、
一本づつ袋に入れて
配達してもらいましょう。

さらにおまけでもう1つ、

1本ずつ入れてもらった袋は、
いろいろ重宝するので、
大切に取っておきましょう。

使い道について、
いくつか書いておきます。

冷凍庫から一貫氷を出し入れする時に便利。

一貫氷から作ったかち割り氷が、
そのまま一貫氷分入るし、
冷凍庫からの出し入れにも便利。

丸氷を削り出すサイコロ氷が
16個(一貫氷分)入るし

冷凍庫からの出し入れにも便利。

丸氷やクラッシュアイスなどを
作り置きしておく保存袋としても便利、

氷桶の底板のカバーとして使える
などなど・・・。



これにて、
本日のバーテンダー教室
(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック) ”
はおしまい!


実践 !! バーテンダーテクニック
     (カクテルテクニック)
氷編 氷の割り方、5つのポイント


それでは、
本日のバーテンダー教室(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック)”を始めます。

2つの下準備ができたところで、
氷を割り始めます。

思った方向に割っていくために、
今度は5つのポイントがあります。

1つめ、
割りたいライン上に
ピックは垂直に刺す。
2つめ、
氷の大きさにあった力で刺す。

3つめ、
刺した衝撃は逃がさないようする。

4つめ、
狙っていない氷のメには
ピックは刺さない。

5つめ、
氷を割る作業は手際よく
短時間に終わらせる。

以上です。

それでは詳しく説明をしていきましょう。


1つめ、
氷はピックが刺さった方向に割れるので、
立方体や直方体をとるためには、
ピックは必ず氷に垂直に
刺さなければなりません。

かち割り氷32.jpg

氷は上の図@アのように、
割りたいライン上を
垂直に何度も刺さないと、
そのラインにそって割れません。

大きな氷は垂直に割れるラインが
ビシッ!と メ となって入るまで、
ライン上を何度となく
丁寧に刺し続けます。

ここでさらにポイント!
よ〜く砥げたアイスピックで振り抜けば、
一貫の氷の塊でも
一振りで割れてしまいます。

一振りで割ってしまった場合、
氷がどの向きに割れるのか、
予測はできません!
割りたいライン上を
何度も刺すためには、
アイスピックを持った腕の振りを、
アイスピックの先が
2〜3mm刺さった所で、
ピタッと止めなければなりません。
これが、
氷を狙ったラインで垂直に割る、
さらなるポイントです!

上の図Aアの方向から刺していて、
図Aのように メ が斜めに入った場合、
ちょっとでもその メ にピックが刺さると、
氷は簡単に斜めに割れてしまいます。
斜めに割らないためには、
氷を裏返して、
イの方向からまた丁寧に刺していきます。
それでも斜めに メ が入ってしまったら、
上の図Bウの方向から刺していきます。
それでもダメなら、
図Bエの方向から刺していきましょう。
斜めの メ に刺さらないように、
垂直な メ が入るまで、
丁寧にやり直します。

垂直なメがライン上に入ったら、
その メ にピックが入るように、
少し力を加えて刺します。
すると、
大きな氷は垂直に割れます。

2つめ、
氷の大きさにあった力の説明をします。
小さな氷は、
軽い一撃でも割れてしまうので、
思ったラインで割るためには、
大きな氷の時よりも、
繊細な力で刺さなければなりません。
つまり、
大きな氷にはそれなりの大きな力、
小さな氷にはそれなりの小さな力で
刺すってことです。

3つめ、
繊細な力の差を出すためには、
刺した衝撃の大きさを
きちんと伝えられるように、
割られる氷と、
刺すピックをきっちりと
固定できる事が大事です。
ピックを刺した瞬間、
ピックを持つ手と氷が
グラグラしていては、
繊細な力の差はでません。

ピックの方から説明しましょう。
ピックを刺す力は
強弱と力の差をだすわけですが、
ピックを握り込む力と、
手首を固定する力は
常にガッツリ!強です。
あたえた衝撃の大きさを、
きちんと伝えるためには、
ピックを握りこむ力と、
手首を固定する力は
常に強でなければなりません。 

グラグラしていては
与えた衝撃の大きさが     かち割り氷44.jpg
きちんと伝わりません。

またピックで刺す氷の方も同様に
グラグラしていては、
与えた衝撃の大きさが
きちんと伝わりません。
右の写真のように
手で持った状態で氷を刺すと、
どうしても氷はぐらつきがちです。

かち割り氷33.jpg

そこで私は氷を、かち割り氷45.jpg
上の図@Aのように、
氷桶の中に直接置いた状態か、
BCのように、
氷桶に直接立っている
氷柱の上に置いた状態か、
Dのように、
氷桶の縁の上に
直接置いた状態かにして、
もち手でガッチリ押さえ込んで、
しっかり固定させます。
( Eのように
  かち割りにした氷の上に置くと、
  グラグラして
  力は逃げてしまいます。    )
こうして、
ピックと氷をガッチリ固定させると、
繊細な力の差は、
きちんと氷に伝わります。


4つめ、
狙っていない氷のメには
ピックは刺さない。
 
” 氷には メ があるので、
  メ に沿って割っていく。”

とよく言われます。

たしかに、
凍らせる過程においてなのか、
メ はできています。
しかし、
メ はさまざまな方向に
向いているため、
メ にそって割っていくと、
思ったような形の氷はとれません。

つまり、
”  狙っていない氷の メ には
  ピックは刺さない !! ”

思った大きさや形の氷をとる為には、
”氷に自分のいうことをきかせる !! ”
この気持ちが大切です!!
狙い通りの垂直な一直線のラインの メ を
自分で入れてから、
その メ にピックを刺しましょう。

5つめ、
” 氷を割る作業は手際よく短時間に !! ”

きれいに氷を割るためには、
氷がカチンカチンに凍っているうちに
一本割り終えることが大事です。
もたもたして、
氷が溶け始めると、
思った方向には割れ難くなってしまいます。
(これでは、一日凍らせた意味がなくなります。)
よって、
カチンカチンの氷を用意して、
その氷が溶けだす前に、
短時間で割らなければなりません。

この5つのポイントができていたら、
氷は思った方向にきれいに割れていきます。


これにて、
本日のバーテンダー教室(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック(カクテルテクニック) ”はおしまい!





実践 !! バーテンダーテクニック
     (カクテルテクニック)
氷編 アイスピックの研ぎ方



https://www.youtube.com/watch?v=PxAsMSdX_n4

本日のバーテンダー教室
(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック)”を始めます。

アイスピックの先は、アイスピック2.jpg
円錐形に、
右の写真のように
かなり鋭く
砥ぎ上げます。

鋭い円錐形だと、
耐久性もあって、
尚且つ切れ味も
申し分ありません。
(三角錐形で砥ぐ事も
 できるのですが、
 その場合、
 切れ味は極上ですが、
 耐久性がかなり
 落ちてしまいます 。)

アイスピックは、
包丁用の砥石で標準型、
中仕上用(#800)を
使って砥ぎます。

中仕上用で砥げば、
もっと目の細かい
仕上げ用の砥石で
仕上げなくても大丈夫かな。

では、
作業の説明を始めましょう。

砥石は作業の10〜15分前から
水に沈めて、
砥石の中に
水を十分吸い込ませておきます。

こうする事で
砥いでいる最中、
砥石の上にかけた水は、
流れたり
吸い込まれたりすることなく、
そこへ留まり作業をし易くします。
ちょこちょこ水をかける手間も
省けちゃいます。
また砥ぐ事で発生した
微小な粉も流れません。
この微小な粉は
研磨する役目も持っているので、
うっかり流してしまわないように
気を付けましょう。

アイスピック1.jpg

布巾かタオルを
絞って畳み、
作業台の上へ置き、
その上へ水から上げた砥石を
上の図のようにセットします。

絞ったタオルを敷くことで、
砥石は滑ったり
グラついたりしなくなります。

砥石の上へ水をかけて
作業開始です。

図@のように、
アイスピックの柄を右手で持ち、
左手の人差し指と中指で
途中を抑える形で、
前後に2〜3cm
動かす感じで作業します。

図@Aは作業を
上(矢印B)から見たところ、
図Bは手前横(矢印A)から
見たところです。

上から見て
アイスピックの切っ先が
動いている線と、
アイスピックの中心線が
作る角アは50〜60°ぐらいです。

手前横から見て
砥石の上面と
アイスピックの中心線が
作る角イは10〜20°ぐらいです。

角イの角度が少ないほど、
アイスピックの切っ先は
鋭くなります。

角イの角度は
いろいろ試してみて、
いろいろに
砥ぎ上がったピックで
氷を割ったり、
削ったりする事で、
自分好みの角度が
わかってくると思います。

アイスピックを
前後に動かして砥ぐ時、
角アと角イの角度は
一定させるように
注意しましょう。

前後させる時、
角度がグラグラ動いてしまえば、
切っ先の形が丸みを持ったり、
偏りを持ったりしてしまい、
結果切れ味や耐久性が
落ちてしまいます。

2〜3cmの幅で前後に動かす作業は
10往復ぐらいで止めます。

右手で持っているピックの柄を
少々回転させ、

また10往復ぐらい動かして止め、

柄を少々回転させ、

また10往復ぐらい動かして止め、
・・・

これを20〜30回前後繰り返せば、
いつの間にか円錐形に
仕上がっています。

前後に10往復ぐらい、
ちょっと物足りないぐらいで
平均して止め続けるってのが、
1つめのポイントです。

動かし過ぎると
削れ過ぎ円錐形になりません。

また往復する回数に
バラつきが出れば、
切っ先の砥げ方にも
バラつきが出て、
切っ先が
変な方向に向かって
仕上がってしまいます。

柄を少々回転させる事を
20〜30回前後繰り返すってのが、
2つめのポイントです。

回転させる角度を決めずに、
アバウトに少々回転させる事を
20〜30回前後繰り返すことで、
切っ先の円周のいろんな部分を
ちょっとづつ削りながら、
ピックは数回転して、
さらに円周のいろんな部分を
ちょっとづつ削り続け、
いつの間にか円錐形に
仕上がっていくのです。

で、
おまけのポイントは、

切っ先を当てて
前後させる砥石の部分は、
一か所に固定しない。

一か所を使い続けると、
砥石のその部分だけが凹んで、
溝が出来上がります。

砥石はアイスピックだけでなく、
ペティナイフや包丁にも使うので、
砥ぐ面は平らでないと困ります。
砥石ができれば
平らのまま減っていくように、
切っ先を当てて
前後させる砥石の部分は、
砥石全面を使うように
気を配りましょう。

まとめると、
アイスピックを砥ぐ作業は至って簡単!
力も使わず、時間もそうかかりません。
砥石はそこら辺の金物屋さんで
普通に売っています。
この砥ぎ方なら
ピックもそうそう短くなっていきません。
どこぞの名人さんへ持って行って、
お金と時間をかけなくても大丈夫!!
アイスピックの切れ味が
落ちたなあと思ったら、
気軽に砥ぐようにしましょう。

そこらで売ってる
普通のアイスピックで、
常にキレキレの作業が
できますよ〜!!

 

まめに研いでいれば、キレキレの割り心地です。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

キング 中仕上砥石 800番
価格:1944円(税込、送料別) (2016/8/7時点)

包丁もアイスピックもこの砥石一本で大丈夫です。

 

お試しあれ〜。



以上!
アイスピックの研ぎ方、
本日のバーテンダー教室
(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック)”はお終い!


実践 !! バーテンダーテクニック
     (カクテルテクニック)
氷編 アイスピックの握り方


本日のバーテンダー教室(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック (カクテルテクニック)”を始めます。

アイスピックの握り方について、

ピックの握り方は、氷29.jpg
二通りあります。



1つめは、
写真@のように
グリップを握って、
針の部分を長くして
使う握り方です。

この握り方は、
大きい氷をバラしていく時や、
氷をどこかに固定して
割ったり削ったりする時に
使います。

ほとんどの仕事では、
この握り方を使います。


2つめは、
写真Aのように
長い針の部分の
途中をもつ握り方です。

握り手から出ている
針先の部分を短くして、

握り手が振り終わったときに、
握り手のどこかを
氷を持つ手か、
氷に当てる感じにして、

もち手にピックが
刺さらないようにする握り方です。

この握り方は、
ロック用の丸氷を
作るときなど、
手に持った氷を
割る時などに使います。

では次回、
氷の削り方につづきます。

これにて、
本日のバーテンダー教室(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック(カクテルテクニック) ”はおしまい!





実践 !! バーテンダーテクニック
     (カクテルテクニック)
氷編 氷桶について


本日のバーテンダー教室
(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック)”を始めます。
今日は氷桶について
説明します。

かち割り氷45'.jpg

私がバーテンダーを始めたバーは
氷桶を使っていませんでした。

東京に出てきた時働いたバーで
初めて氷桶を見て、
洋文化のバーカウンター内の真ん中に、
かなりな存在感を出している和文化の氷桶に、
違和感を持ったことを憶えています。

しかし、
実際に使ってみると、
その使い勝手の良さに、
氷を扱うなら、
氷桶以外には考えられないでしょ〜っ
て気持ちになりました。

氷桶は、
一貫氷にも重さ負けせず、
グラグラさせずに、
滑ったりもせず、
きちんと氷を固定できる
便利な道具です。

氷桶が空の状態で、
縁の上に氷を置いて
割ったりする時にも、
グラグラしません。
木製なので、
ステンレスの作業台の上でも
滑りません。
(ボールや水切りでは、
 グラグラしたり、
 滑ったりして、
 氷をガッチリ固定できません。
 縁の上に置いてなんか
 絶対割れません。)

熱伝導率が低いので、
氷が溶け難いって利点もあります。



氷を扱うなら、氷桶以外には考えられないでしょ〜



唯一の欠点が、

ずっと使っていると
毛羽立ってきちゃうし、
変色してきちゃうって事。

氷に毛羽立ってできた木屑が
くっ付いちゃったりもします・・・
(漆塗りの氷桶なども
 探せばあるのですが、
 ネットで探しても
 なかなか見つからないぐらいです。
 高価だし・・・          )

そこで、
欠点を考慮した上での
氷桶の使い方。

まず45Lの透明な無地のビニール袋を、
氷桶に被せます。

一貫氷の入っていた空ビニール袋に
入れた状態の底板を、
45Lの袋ごと氷桶の中へ
落とし込むようにしてセットします。

45Lの袋の口を
氷桶の外側へ折り返し、
ヒラヒラと遊びが無いように
絞り込んで、
袋とじクリップで留めたら
上の写真のように
用意完了! 

毛羽立ちや、
木屑が出来なくなります。

水も氷桶側には
そうそう行かなくなり、
傷みや変色が
起き難くなります。

熱伝導率の低さも
そのままキープ出来ています。


氷桶の中に
一番氷を置く時間が長いのは、
一貫氷を一気に一本分、
かち割り氷へ割り分ける作業の時です。

それでも時間にして
8分前後なので、
氷は溶けないどころか、
手の平にくっ付いてくるぐらい
カチンカチンに凍っています。

一貫氷、
かち割り氷、
丸氷、
サイコロ氷、
クラッシュアイス、
氷はそれぞれ種類毎に分けて
一貫氷用のビニール袋に
入れてあります。

それぞれの氷を使う時に、
その氷が入った袋だけ
冷凍庫から取り出して、
氷桶の中に袋ごと置き、
袋から直接使う分だけを
グラスやシェーカーなどへ入れ、
袋はすばやく冷凍庫へ戻します。

氷は基本的に氷桶の中には
置きっぱなしにしないので、
溶けることはありません。


氷桶の手入れ方法について。
営業が終わったら、
氷桶や底板、
被せたビニールは、
全て外して洗って
干して帰ります。

氷桶や底板は
基本的に傷まないので、
手入れはほとんどなし!

洗って水分を拭き取って、
斜めに伏せるようにして
干すだけです。


手入れではないのですが、
新品の氷桶を使い始める辺りに
やっておくべきこと。

まず氷桶を逆さまに置きます。
氷桶を束ねている針金の輪っか、
箍(たが)っていうんですが、
箍になにか棒のようなものを当てて、
それをハンマーで打ち込み、
この作業をグルッと何周か繰り返し、
箍をきつく食い込ませておきます。

木は水分を吸ったり乾いたりすると、
膨張したり収縮したりします。

この動きで、
箍が外れちゃうことがあります。

私は氷桶の中に
あまり水分を残さないので、
この理由で外れる事はないのですが、

氷を氷桶の縁の上において、
アイスピックで
上から何度となく刺す作業をするので、
箍が外れ落ちてしまうんです。
上から衝撃を
与え続けるわけですからねぇ・・・

気付かないで使っていると
「 箍が外れる 」を
体験する羽目になっちゃうかも・・・

何事も最初が肝心って事です!

これにて本日のバーテンダー教室
(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック)”はお終い!




実践 !! バーテンダーテクニック
     (カクテルテクニック)
氷編  かち割り氷の割り方(作り方)


バーテンダー教室
(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック)”
を始めます。

今日は、
一貫の氷の塊から、
かち割り氷を作るまでを
説明します。

まず一貫の氷の塊を12等分して、
直方体の氷柱に割り分けます。

かち割り氷13.jpg

氷桶に一貫の氷は寝かせて入らないので、
図アのように斜めに置きます。
図イのように氷@を二等分するライン上を、
氷の面に垂直になるように
アイスピックで刺していきます。
で、図ウのように氷@と氷Aに割り分けます。

かち割り氷14.jpg

図エのように氷Aの上に氷@を乗せます。
図オのように氷@を二等分するライン上を、
氷の面に垂直になるように
アイスピックで刺していきます。
で、図カのように氷@と氷Bに割り分けます。

かち割り氷15.jpg

図キのように氷@と氷Bの上に氷Aを乗せます。
図クのように氷Aを二等分するライン上を、
氷の面に垂直になるように
アイスピックで刺していきます。
で、図ケのように氷Aと氷Cに割り分けます。

かち割り氷16.jpg

図コのように氷@と氷Bの向こう側に、
氷Cを立てて氷Aをその上に寝かせます。
そして氷Aを三等分に割り分けます。
図サのように氷Aの片側から
三分の一のライン上を、
氷の面に垂直になるように
アイスピックで刺していきます。
で、図シのように氷Aと氷Dに割り分けます。

かち割り氷17.jpg

図スのように氷Dは
空いたスペース(氷@氷B氷Cの横)に
縦長になるように差し込みます。
こうすると、
氷桶の中の氷の高さはだいたい同じになって、
その上に氷を寝かせ易くなります。
図セのように氷Aを二等分するライン上を、
氷の面に垂直になるように
アイスピックで刺していきます。
で、図ソのように氷Aと氷Eに割り分けます。

かち割り氷18.jpg

図タのように氷@を抜き出し、
そのスペースへ氷Aと氷Eを
縦長になるように差し込み、
氷@はその上に寝かせます。
そして氷@を三等分に割り分けます。
図チのように氷@の片側から
三分の一のライン上を、
氷の面に垂直になるように
アイスピックで刺していきます。
で、図ツのように氷@と氷Fに割り分けます。

かち割り氷19.jpg

図テのように氷Fは
空いたスペース(氷A氷B氷Cの横)に
縦長になるように差し込みます。
図トのように氷@を
二等分するライン上を、
氷の面に垂直になるように
アイスピックで刺していきます。
で、図ナのように氷@と氷Gに割り分けます。

かち割り氷20.jpg

図ニのように氷Cを抜き出し、
そのスペースへ氷@と氷Gを
縦長になるように差し込み、
図ヌのように氷Cはその上に寝かせます。
そして氷Cを三等分に割り分けます。

かち割り氷21.jpg

図ネのように氷Cの片側から
三分の一のライン上を、
氷の面に垂直になるように
アイスピックで刺していきます。
で、図ノのように氷Cと氷Hに割り分けます。

かち割り氷22.jpg

図ハのように氷Hは
空いたスペース(氷Fの横)に
縦長になるように差し込みます。
図ヒのように氷Cを二等分するライン上を、
氷の面に垂直になるように
アイスピックで刺していきます。
で、図フのように氷Cと氷Iに割り分けます。

かち割り氷23.jpg

図ヘのように氷Bを抜き出し、
そのスペースへ氷Cと氷Iを
縦長になるように差し込み、
図ホのように氷Bはその上に寝かせます。
そして氷Bを三等分に割り分けます。

かち割り氷24.jpg

図マのように氷Bの片側から
三分の一のライン上を、
氷の面に垂直になるように
アイスピックで刺していきます。
で、図ミのように氷Bと氷Jに割り分けます。

かち割り氷25.jpg

図ムのように氷Jは
空いたスペース(氷Aと氷Eの間)に
縦長になるように差し込みます。
図メのように氷Bを二等分するライン上を、
氷の面に垂直になるように
アイスピックで刺していきます。

かち割り氷26.jpg

で、図モのように氷Bと氷Kに割り分けます。
図ヤのように氷Kを
空いたスペース(氷@と氷Gの間)に
縦長になるように差し込み、
氷Bはそのまま寝かせておきます。

ここまでで
一貫の氷の塊を12等分して、
直方体の氷柱に割り分ける作業は
終わりです。



ここからは
12本の直方体を
1本づつかち割り氷へと
割り分けていく作業です。

図ヤを見てください。
氷柱の上に寝ている氷Bを取り上げて
説明していきます。

かち割り氷6.jpg

上の図の@が
一貫の氷を12等分にした、
その一本(氷B)です。

その一本を
Aのように6等分にして、
かち割り氷を作ります。

ただ、
グラスにはいろんな形の物があるので、
同じ大きさの氷だけでは、
入ったり、入らなかったり、
隙間が空き過ぎたりと、不自由します。
なので、
6等分に割るだけではなく、
大中小といろんな大きさの氷を作るのです。

で、どうやるか?

上の図のBのように
アイスピックを刺すラインを
微妙にずらして、
大中小に割り分けます。

かち割り氷7'.jpg

上の図を見てください。
@のように微妙にずらしたライン上を
アイスピックで刺していきます。
で、Aのように割り分けます。
その割り分けた氷を
さらにBのようなラインで
割っていきます。

割っていくラインを、
微妙にずらしたり、
方向を変えたりして割っていくと、
Cのように
大中小といろんな大きさの
かち割り氷が出来上がります。




12本の直方体を
1本づつかち割り氷へと
割り分けていく作業の
説明を始めます。

かち割り氷33.jpg

図ヤを横からかち割り氷34-255.jpg
見たところが上の図@です。
11本の氷柱に載った氷を
しっかりと抑え込んで、
アイスピックで割り分けていきます。

割りながら、
出来上がったかち割り氷は、
氷柱の間に落とし込んで、
氷柱同士を安定させます。

1本割り終わったら、
次の1本を抜き出し、
Aのように氷柱の上に
しっかりと抑え込んで、
割り分けながら、
出来上がったかち割り氷は、
氷柱と氷柱の間に落とし込んでいきます。

これを11本繰り返していきます。

常に割り分ける氷は
氷桶の中に
直接立った氷柱の上になるようにして
アイスピックで割り分けていきます。

1本目、2本目、3本目・・・と
氷柱を割り分けていくにしたがって、
土台となる氷柱は、
11本、10本、9本・・・と
減っていきます。
11本目を割り分ける時は、
Bのように土台となる
12本目の氷柱1本の真上に置いて
アイスピックで割り分けます。

最後の12本目は
氷柱がない状態なので、
Cのように
かち割り氷の山の上に寝かせて
割ることになりますが、
これでは、
氷がグラグラして
割り辛い状態になってしまいます。
なので、
12本目だけはDのように、
氷桶の縁の上に載せて
割り分けていきます。

これで、
12本の直方体を
1本づつかち割り氷へと
割り分けていく作業は
終わりです。

以上!
本日の
バーテンダー教室(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック)”はおしまい。

実践 !! バーテンダーテクニック
     (カクテルテクニック)
氷編  氷の抑え方


バーテンダー教室
(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック)”
を始めます。

今日は、
一貫の氷の塊から、
かち割り氷を作る時の
氷の抑え方について
説明します。

“ 氷の割り方、5つのポイント ”
の3つめの所で説明したように、
割る氷がグラグラしていては、
上手く氷は割れません。

グラグラさせないためには、
持ち手の役割がかなり重要です。

” かち割り氷の割り方(作り方)“にそって、
くわしく説明していこうと思うのですが、
その前に全体的な話として2つほど。

まず1つめ、
氷は指先で抑える。

理由は氷をできるだけ溶かさないためです。

2つめ、
指先をアイスピックで
刺さないように注意しながら、
安全に作業する。

バーテンダーの仕事の中で、
怪我し易い作業がいくつかあります。
氷を割る作業がその1つです。

この2つの事を踏まえた上で、
” かち割り氷の割り方(作り方)“にそって、
くわしく説明していきましょう。


まず一貫の氷の塊を12等分して、
直方体の氷柱に割り分けるところまで。

かち割り氷13.jpg

かち割り氷35'.jpg

図ア〜図ウのとき、
図aのようにして、
氷柱を上からしっかり氷桶へ抑えつけます。
赤い線上をアイスピックで刺していくので、
抑える指先は氷柱の上の角の辺りを
抑える感じにすれば、
安全に作業ができます。

かち割り氷14.jpg かち割り氷15.jpg

かち割り氷35.jpg

図エ〜図ケのとき、
図bのようにして
割る氷を上からしっかり
下の氷へ抑えつけます。
指先が赤い線に近づかないようにすれば、
安全に作業できます。
もう1つ、
図cのように抑えつけることもできます。
この場合、
親指と人差し指の股の一番深い部分が
赤い線の延長線上にくるようにしましょう。
こうすれば、
氷の端の部分でアイスピックを
外側へ空振ったとしても、
手を刺してしまう事はありません。
図dのように
指の股の浅い部分が
赤い線の延長線上にきていたら、
氷の端の部分でアイスピックを
外側へ空振った時に、
手を刺してしまうかもしれないので
危険です。

かち割り氷16.jpg かち割り氷18.jpg

かち割り氷20.jpgかち割り氷21.jpg かち割り氷23.jpgかち割り氷24.jpg

かち割り氷36.jpg

図コ〜図シ、図タ〜図ツ、
図ニ〜図ノ、図ヘ〜図ミのとき、
図eのようにして
割る氷を上からしっかり
下の氷柱へ抑えつけます。
指先が赤い線に近づかないようにすれば、
安全に作業できます。
もう1つ、
図fのように抑えつけることもできます。
この場合、
親指と人差し指の股の一番深い部分が
赤い線の延長線上にくるようにすれば、
安全に作業できます。

かち割り氷17.jpg かち割り氷19.jpg かち割り氷22.jpg かち割り氷25.jpgかち割り氷26.jpg

かち割り氷37.jpg

図ス〜図ソ、図テ〜図ナ、
図ハ〜図フ、図ム〜図モのとき、
図gのように氷を抑えると、
アイスピックを刺す赤い線上に
指先がかなり近づいて危険です。
なので、
図hのように抑えれば、
安全に作業できます。


ここまでが、
一貫の氷の塊を12等分して、
直方体の氷柱に割り分けるところの
氷の抑え方です。


ここからは、
12本の直方体を1本づつ
かち割り氷へと割り分けていく作業です。

かち割り氷38.jpg

直方体の片側から
1/3前後ぐらいのライン上を、
アイスピックで刺して割り分けます。

抑え方は図iか図jのようにします。
まだ直方体が細長いので、
図iのように抑えても安全です。
赤いラインの真下に
土台となる氷柱がくるようにすれば、
アイスピックで刺す衝撃が、
氷にきちんと伝わり、
上手く割れます。

1/3の大きさになった氷を
さらに割る場合の抑え方は
後で説明します。

割り終わった氷は、
氷柱と氷柱の間に落とし込んで、
氷柱同士を安定させるのに使います。

かち割り氷39.jpg

2/3の大きさになった直方体の
1/2前後ぐらいのライン上を、
アイスピックで刺して割り分けます。

直方体が小さくなってきたので、
図kのように抑えると
アイスピックを刺すライン上に
指先がかなり近づくので危険です。
なので、
図lのように抑えます。
こうすると指先を刺し辛くなるので
安全です。

かち割り氷40.jpg

最後、
1/3の大きさになった直方体の
氷を抑える方法です。

図mのように抑えると、
アイスピックを刺すライン上に
指先がかなり近づくので危険です。
こう抑えるのであれば、
図nのようなラインで、
アイスピックは刺していきます。

図mの氷をどうしても
このラインで割りたいのであれば、
氷の向きを横にして
図oのように抑えて、
割りたいライン上を刺せば
安全に割り分けることができます。

小さく割り分けた氷は、
図m、図n、図oのように
氷柱と氷柱の間に落とし込んで、
氷柱同士を安定させます。

1本目の直方体の氷を、
大中小のかち割り氷へ割り分けられたら、
次の1本を抜き出し、
抜き出したスペースには、
さっき割り分けたかち割り氷を
いくつか埋めて、
氷柱同士を安定させます。
その上で
2本目の直方体を1本目と同様にして
割り分けていきます。
これを11本目まで繰り返します。

12本目の直方体を割り分ける時は、
土台になる氷柱がないので、
氷桶の縁の上に載せて割り分けます。

かち割り氷41.jpg

最初1/3のライン上を刺す場合、
図p、図qのように氷を持ちます。
まだ直方体が細長いので
どちらの持ち方でも安全です。
アイスピックで刺すラインを、
氷桶の縁の上にくるようにして氷を持てば、
アイスピックを刺す衝撃が
きちんと氷へ伝わります。
図p、図qのようにして持てば、
割れた氷は図r、図sのように
氷桶の中に落ちていくので
都合が良いです。

かち割り氷42.jpg

2/3〜1/3または、
それ以上に小さくなった氷を
割る時の持ち方が図uです。
図tのような持ち方は、
指先を刺してしまう可能性があり
危険です。
図uのように持てば、
指先を刺す事もなく
安全に作業できます。

 
以上の抑え方、持ち方で
一貫の氷の塊を大中小のかち割り氷へ
割り分けることができます。

“ 氷の割り方、5つのポイント ”の
5つめの所で説明したように、
氷を割る作業は手際よく短時間に終わらせる
が鉄則なのですが、
お店で営業時間内に作業している場合、
途中で他の作業を
優先させなければならないって事が、
多々あります。
その場合
氷割りの作業を中断させるのですが、
氷をそのままにしておくと、
溶けてきれいに割れ辛くなってしまいます。
なので、
割りかけの氷は全てビニール袋に入れて、
冷凍庫へ戻しておきます。
そして店の作業が空いた頃合いを見て、
割りかけの氷の塊を1ケづつ取り出して、
かち割り氷へと割り分けていきます。
その時の氷の抑え方を説明します。

かち割り氷43.jpg

大きめの氷ならば、
図vのように
直接氷桶の底に置いて割れるので、
図wか図xのようにして
抑えて割りますが、
氷が小さくなればなるほど、
氷桶の底に置いては
割り辛くなります。
中くらいの氷ならば、
図pか図qのように持って割ります。
さらに小さい氷ならば、
図uのように持って割れば、
安全に割り分けることができます。

 
以上が、
かち割り氷を割る(作る)ときの
氷の抑え方( 持ち方 )になります。

指先にアイスピックを刺してしまわぬよう、
安全に十分注意して作業しましょう。

以上!
本日の
バーテンダー教室(バーテンダースクール)
”実践 !! バーテンダーテクニック
(カクテルテクニック)”はおしまい。

  

まめに研いでいれば、キレキレの割り心地です。



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

キング 中仕上砥石 800番
価格:1944円(税込、送料別) (2016/8/7時点)

包丁もアイスピックもこの砥石一本で大丈夫です。



氷を扱うなら、氷桶以外には考えられないでしょ〜











次のページへ




         by ☆上海マスター
       (フリー・バーテンダー & ライブ・DJ・プロデューサー)



プロフィール3.jpg






バーテンダーテクニック.jpg

興味のあるところをクリックすると、
総集編に繋がります。
ぜひご覧ください。

○ 氷の割り方
まとめ氷の割り方400.jpg



○ ピックの握り方・氷の削り方
120ピックの握り方.jpg 120.jpg



○ シェーカーの振り方
シャンハイ・バタフライ編
120シェーカーの振り方.jpg



○ シェーカーの振り方
基本編
シェーカーの持ち方 全 120.jpg



○ ボストンシェーカー編

ボストンシェーカー32-255.jpg



○ カクテルの面白さ・
味わいの違い
120カクテルの面白さ.jpg





○ ステアについて
基本編
ステア37-400.jpg




○ ステアについて
マティーニ編
120マティーニについて.jpg



○ メジャーカップについて
メジャーカップについて.jpg



○ ビンでの注ぎ方について
注ぎ方11.jpg



○ フローズンカクテルについて
フローズンバナナダイキリ果肉入り120.jpg



○ プースカフェスタイルの
カクテルについて
レインボーカクテル13-400.jpg



○ レモン、ライムについて
レモン、ライムについて400.jpg



○ スノースタイル、コーラルスタイルについて
スノースタイル、コーラルスタイル40-400.jpg



○ 生ビールについて
120生ビールについて.jpg




バーテンダースクールトップページへ戻る






          
  日本全国どこへでも!
    ☆上海マスターのケータリング(出張)型
    バーテンダースクール(教室)
    店での技術(テクニック)を5時間で教えきる !!
    素人のあなたもバーで独立開業 !!
    かるく興味のある方もお気軽にどうぞ !!
       http://bartender-kyousitu.seesaa.net/

  ☆上海マスターの 実践 !! バーテンダー・テクニック
    2009よりフリーのバーテンダーとして活動を始めた
    ☆上海マスターが解説する
    実践的バーテンダーテクニック(カクテルテクニック)
      http://blogs.yahoo.co.jp/jonetsu_typhoon

  ようこそ! ☆上海マスターのネット・ギャラリーへ !!
      http://net-gallery.seesaa.net/

  フリー・バーテンダー & ライブ・DJ・プロデューサー・
    ☆上海マスターの情熱颱風 !!
    ミュージシャン、DJ、アーティスト、
    そして、ライブ・DJ・演奏会に興味のある
    バー、レストランまで、みんな集まれぇ〜〜!!! 
      http://shanghaidoll.seesaa.net/


本ブログ内すべてのページにおける、記事・画像等の著作権は、
☆上海マスターにあります。
また、本ブログ内で紹介しているアーティストの作品についての
著作権は、原著作者にあります。
無断転載・転用、個人的な範囲の使用目的以外での複製等は
おやめください。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

         by ☆上海マスター
       (フリー・バーテンダー & ライブ・DJ・プロデューサー)


プロフィール3.jpg





バーテンダーテクニック.jpg

興味のあるところをクリックすると、
総集編に繋がります。
ぜひご覧ください。

○ 氷の割り方
Ice pick・How to break lump of the ice
まとめ氷の割り方400.jpg



○ ピックの握り方・氷の削り方
Ice pick・How to hold・How to shave ice cubes
120ピックの握り方.jpg 120.jpg



○ シェーカーの振り方 シャンハイ・バタフライ編
Shaker・Shanghai Butterfly・3 piece bar shaker

120シェーカーの振り方.jpg



○ シェーカーの振り方 基本編
Shaker・Basic・3 piece bar shaker
シェーカーの持ち方 全 120.jpg



○ シェーカーの振り方 ボストンシェーカー編
Shaker・Shanghai Butterfly・Boston shaker
ボストンシェーカー32-255.jpg




○ カクテルの面白さ・味わいの違い
Fun cocktail・Difference of taste・
Shaker and Mixing Glass(Stir)
120カクテルの面白さ.jpg





○ ステアについて 基本編
Stir(Mixing Glass)・Basic
ステア37-400.jpg




○ ステアについて マティーニ編
Stir(Mixing Glass)・Martini
120マティーニについて.jpg



○ メジャーカップについて
Jigger・Measuring Cups・Measure cocktails
(How to measure and pour from Jigger)
メジャーカップ 総集編'-400.jpg



○ ビンでの注ぎ方について
How to pour from bottle
注ぎ方11.jpg



○ フローズンカクテルについて
Frozen cocktails
フローズンバナナダイキリ果肉入り120.jpg



○ プースカフェスタイルのカクテルについて
Rainbow cocktail
レインボーカクテル13-400.jpg



○ レモン、ライムについて
Lemon・Lime・etc (How to use and decorate)
レモン、ライムについて400.jpg



○ スノースタイル、コーラルスタイルについて
Snow style・ Coral style
スノースタイル、コーラルスタイル40-400.jpg



○ 生ビールについて
Beer
120生ビールについて.jpg



○ グラスの洗い方、拭き方
(ワイングラス(足つきグラス)の洗い方、拭き方)
How to clean glasses (Wine glasses)
グラスの洗い方、拭き方2-400.jpg




バーテンダースクールトップページへ戻る

          
  日本全国どこへでも!
    ☆上海マスターのバーテンダースクール(教室)
    店での技術(テクニック)を6〜7時間で教えきる !!
    素人のあなたもバーで独立開業 !!
    かるく興味のある方もお気軽にどうぞ !!
       http://bartender-kyousitu.seesaa.net/


  ようこそ! ☆上海マスターのネット・ギャラリーへ !!
      http://net-gallery.seesaa.net/


  フリー・バーテンダー & ライブ・DJ・プロデューサー・
    ☆上海マスターの情熱颱風 !!
    ミュージシャン、DJ、アーティスト、
    そして、ライブ・DJ・演奏会に興味のある
    バー、レストランまで、みんな集まれぇ〜〜!!! 
      http://shanghaidoll.seesaa.net/

  ☆上海マスターのバーテンダースクール
      http://bartender-kyousitu.seesaa.net/
  The bartender school of ☆Shanghai master (Tokyo Japan)
      http://seito-bosyuutyuu.seesaa.net/
  L'école de barman ☆Shanghai master (Tokyo Japon)
      http://syutuensya-bosyuu.seesaa.net/

バーテンダーテクニック・目次
The bartender(bartending) technique-table of contents
La technique de barman-table des matières
http://bartender-kyousitu91.seesaa.net/


本ブログ内すべてのページにおける、記事・画像等の著作権は、
☆上海マスターにあります。
また、本ブログ内で紹介している
アーティストの作品、
ホームページ上の画像等についての
著作権は、原著作者にあります。
無断転載・転用、個人的な範囲の使用目的以外での複製等は
おやめください。


☆上海マスターのバーテンダー・スクール
(教室が練馬区内に用意できました。)
The bartender school of ☆Shanghai master
(Classroom was ready to Nerima-ku Tokyo Japan .)
  L'école de barman ☆Shanghai master
(Salle de classe est sur le Nerima-Ku Tokyo Japon.)


実践!! バーテンダー教本 と 講習内容の説明
Practice !! bartender textbook and description of the course content.
Pratique !! barman manuel et la description du contenu du cours.


シェーカーの振り方
(シャンハイ・バタフライ)
  How to shake(use) a cocktail(shaker)
( It shakes gently, making it twist.
This style is called Shanghai Butterfly )
Comment faire (utiliser,secouer) un cocktail (shaker)
(Il secoue doucement, ce qui en fait tordre.
Ce style est appelé Shanghai Papillon)


ボストンシェーカーの振り方、外し方
(シャンハイ・バタフライ)
  How to shake(use) a boston shaker.
How to open a boston shaker.
( It shakes gently, making it twist.
This style is called Shanghai Butterfly )
Comment faire (utiliser,secouer) un boston shaker.
Comment ouvrir un boston shaker.
(Il secoue doucement, ce qui en fait tordre.
Ce style est appelé Shanghai Papillon)


スロービデオ
ボストンシェーカーの振り方
(シャンハイ・バタフライ)
  Slow video
How to shake(use) a boston shaker.
( It shakes gently, making it twist.
This style is called Shanghai Butterfly )
Vidéo lente
Comment faire (utiliser,secouer) un boston shaker.
(Il secoue doucement, ce qui en fait tordre.
Ce style est appelé Shanghai Papillon)


アイスピックを用いた、氷の割り方
How to break lump of the ice using an ice pick
Comment utiliser le pic à glace divisant la masse de glace
 

アイスピックの砥ぎ方
How to sharpen ice pick to the conical
Comment aiguiser pic à glace à la conique
 

丸氷の作り方1
一貫の氷柱を16個の立方体へ割り分ける。
How to make a ball ice 1
I break lump of a ice into 16 cubes.
Comment faire une glace de balle 1
Je casse forfaitaire d'un glace en 16 cubes.


丸氷の作り方2
サイコロ氷(立方体)から丸氷を作る
  How to make a ball ice 2
I make a ball ice from a cube.
Comment faire une glace de balle 2
Je faire une glace de balle à partir de cube.


トゥエンティー !! (プースカフェ・レインボー20段カクテル)
TWENTY!! [ 20 layers pousse cafe (Rainbow Cocktail)]

 


卒業生さらのコメント。.jpg


'16'12,銀座-180.jpg「 シャンハイマスターはとてもナイスな人です! 私はミクソロジーに関する彼の情熱を見ることができました!彼のスキルは、日本のバーテンディング技術を確実に説明します。 彼が私に教えるにあたって、言語の壁がありましたが、彼はすべてを説明するために本当に頑張りました。驚いたことに私は彼が私に言ったことすべてを理解できました。 このことはとても良い体験になりました。 授業の予約が遅かったために、彼は授業のためのレンタルスペースを見つけることができませんでした。それで講義は私のホテルの小さな小さな部屋で行うことにしました。彼はそこへそれぞれ50kg以上もする重さの2つの大きなスーツケースを持ってきました!このことに、日本のバーテンダー文化を教え、広めることへの彼の情熱を見ることができました! ありがとう シャンハイマスター! 」( 香港でバーを経営しているバーテンダー S さん )「 Shanghai Master is a very nice person! I can see his passion on Mixology! And his skill for sure represent the Japanese bartending technic. When he teaching,he tried really hard to explain everything to me. although there is a language barrier, but surprisingly I understand everything he told me. It is a very nice experience. Because of the late class reservation, he can’t find a proper place to rent for the teaching, we had our class in my hotel tiny tiny room, he brought two large suitcase each more than 50kg!!! That can see his passion on teaching and spreading the Japanese bartending culture! Thank you again Mr.Shanghai Master! 」




2016-10練馬2-180.jpg「 動画を録ることが出来たので、授業後も復習できるので大変便利だと思いました。 」( 新宿でバーテンダーをやっている F さん )




2016-10練馬180.jpg「 とてもわかりやすかったです。高校での指導経験があるとのことで何がわからないかとか勘が鋭いなと思いました。とても楽しいスクールでした。あと、お茶をくれたのがうれしかったです。  」 ( 近々バーテンダーに復帰する M さん )




港町バルTAKEO1-120.jpg「 1回とはいわず、また来たいなって思ったスクールでした。ありがとうございました。凄く為になりました。   」( つくばにある港町バル・TAKEOで働いているバーテンダー H さん )




2016-06-26-06-02-21-116-2-180.jpg「 ☆上海マスターは、根気強く、徹底して知識を与えます。日本のバーテンダーテクニックの極上のポイントを学べる喜びと名誉があります。私は日本語を話せませんでしたが、とにかくレッスンを完了することができました。ありがとう!☆上海マスター!! 」 ( アメリカから来た有名ホテルのバーテンダー M )☆上海マスターのバーテンダースクール初!通訳なし、英語のみでのマンツーマン・フルコースでの授業でした。「☆Shanghai master is very informative, patient & thorough.It was a pleasure and an honor to learn Japanese bartending techniques extra points.Because I don’t speak Japanese but we completed the lesson anyway.Thank you ☆Shanghai master !」




 http://bartender-kyousitu.up.seesaa.net/image/Bar20SO-WHAT3-180.jpg 「 中途半端な技術で、お客様に出したくないと感じました。教えていただいた事を常に練習して、自分がレベルアップしていかないとと思いました。ありがとうございました。 」 ( 千葉県松戸市日暮で'16,5,6 Bar SO-WHATをオープンさせる M さん )




 http://bartender-kyousitu.up.seesaa.net/image/E7ABB9E58F96E789A9E8AA9E46-180.jpg 「 大変勉強になりました。こんなに丁寧に長い時間をかけて裏ワザまでも教えてもらえてありがたいです。出張して、この受講料でここまで教えてくださり、本当に感謝いたしております。あとは、教えてもらったことを、練習ですね。 」  ( 埼玉県奥秩父・御宿 竹取物語のあるじであり、のんべぇおやじ’s Barのオーナーバーテンダー A さん )




 http://bartender-kyousitu.up.seesaa.net/image/20162C4-180.jpg「 感動しました。プロの技を堪能しました。すべて勉強になりました。これから自主練習していきます。 」  ( 東京都港区でバーをオープンさせる予定の K さん )




'16,1,26-2-180.jpg生フルーツカクテルに興味を持って頂いたソムリエ T さん。そこら辺のテクニックを中心にスポット2万円コースを出張バーテンダースクールでお申込みいただきました。1/26(火)夕方7時からご自宅へ伺って、4時間ぐらいの授業でした。スポットの内容は、ボストンシェーカーを使った生フルーツカクテルの創り方。マッシャーを使ってのミントジュレップ、ハードシェークによって創り上げるモヒートの創り方。ジューサーを使っての生フルーツ入りフローズンやシェークカクテルの創り方。フルーツの飾り方。シャンハイバタフライの振り方。超速ステアのやり方などなど・・・   T さんからのコメントをどうぞ!「 ワインだけを売り続け数10年!!ソムリエになって10年。まさか、ボストンシェーカーを振るとは、、、自分でも驚いています笑  ですが、考えてみれば、若い頃憧れでもあったバーテンダー!!笑 (私なんかは、にわかバーテンダーになりますが。〉  ですが、長くやってきたからこそ、新しい試みも生まれたんだと思います。幸い☆上海マスターさんは、長くプレーヤーとして経験を積まれた方でした。とても、話しやすく聞きやすかったです!やはり、サービスマンは、人柄だと痛感いたしました。とても、勉強になりました。ありがとうございました。また、質問や、スポットで勉強させてください。 」 (新宿在住のソムリエ T さん)




ロゴ shang hai doll 2-180.jpg☆上海マスターがネットに書き込み続けているバーテンダーテクニックに興味を持って頂いたSTさん。練馬校までご来校頂いての1日6〜7時間の授業でした。講義に集中しての6〜7時間、写真撮り忘れてしまいました・・・  それでは、STさんからのコメントをどうぞ!「 授業誠に有難うございました。とても詳細に説明してくれて、楽しく学ぶことが経験できました。おかげさまでバーにもっと興味が出てきました。早速早く道具を買って練習をしたいです。頂いた本も大変助かります。本屋で売ってたら絶対買う価値があると信じています。 」(港区在住のSTさん)




「 シャンハイバタフライに感動しました。   正直、慢性鼻炎なので   わからないかなと   思っていましたが、   そんな僕でも   わかるぐらいでした。   ブランク20数年で   不安でしたが、   ほんとうに一日で   いろいろ教えて頂き   なんとかなりそうな気になり、   気持ちが楽になりました。   ありがとうございました。 」 ( 高円寺にバーALASKAを   開店準備中の   バーテンダー K さん )




'14,9,28 バーテンダースクール.jpg「 今回スクールを受けたおかげで、 理屈をわかった上で練習をしていくことと、 理屈があやふやなまま練習をしていくことは、 効率を考えた上でも、メンタル面を考えた上でも、 全く違うということを実感いたしました。 お会いする前は怖い人だったらどうしようかと不安に感じておりましたが、 気さくで 優しい方な上、丁寧で真面目な教え方をしていただき、 マスターの人柄にも憧れました。 「シェーク技法の違いでカクテルは全く味が変わる」というのは、 話には聞いておりましたが、ずっと半信半疑でおりました。 が、あんなにもハッキリ表現していただくと、納得の上で、 目指すところが見えてきたように感じました。 これからコツコツ練習を重ねて、 「私はバーテンダーです」と言えるようになりたいです。 本当にありがとうございましたm(__)m 」 ( 千葉にあるバーで   カクテルを創り始めた   バーテンダー I さん )




shiryoshashin-2011-06-05T15_09_32-1-thumbnail2.jpg「 お店のオープンに向け不安だらけでしたが、   ☆上海マスターの授業は、無駄を省いた最高のものでした。   解り易く奥義を説明してくれ、まさに感激です。   知りたかった事が全て解明され、   5時間があっと云う間でした。   乾いたスポンジに水が浸み込む様な5時間でした。   本当に感謝しています。   ☆上海マスターありがとうございました。 」  ( 東京都中野区江古田で'11,6,2 カフェバー ブラインドピッグトウキョウをオープンさせる I さん )




スクール後記2.jpg「 期待してた通りでした。来年は改めて来て欲しいと思っています。 」 ( 神奈川県在住の85歳のジェントルマン Kさん )









ソウルバー Mr.Smithオーナー 松田さん.jpg「 大好きな音楽を大好きなお酒と楽しみたい。 それを皆さんにも感じてほしい。 ただそれだけでバー開業を決意。 レコード/CDは充分な量とそれなりの知識があると自負していましたが、 バー機能については素人そのもの。 開店日が近づくにつれ不安が大きくなっていました。 そんななか、上海マスターのバーテンダー講座を受けたのですが、 なによりも大きな自信を頂きました。 すべてのルーチンやテクニック---おいしいお酒を提供すること、 心地よい空間を演出すること、それらはすべてお客様のためにある。 たとえば開店前に丹念に氷の角を取る、 ということがシェイクやステアの未熟さを補ってくれる。 どんなに疲れていてもビールサーバーの掃除が翌日の味の差になる。 努力を怠らなければ、そうしたものがお客様に伝わるということを マスターの講習のなかで熱く感じました。 愛知県岡崎市まで大きな荷物を担いでやってきてくれたマスター。 そのトラベルキャリーケースのなかには、 砥石まで入っていてアイスピックの研ぎから教えてくれる。 普通、「包丁用の砥石を用意しておいてください」ですむところを、 まず実演してみせその必要性を理解させる。 ものごとを教えるプロフェッショナルだと、ただただ感心しました。 講習の最中、マスターは楽しそうに見受けられました。 そして教えられる私も本当に楽しかった。 だから教わる一つ一つがすべて入ってきました。 理想的な教師と教え子の関係だと思います。 最後に講習費用について。 教わる側が本気であれば安すぎる価格だと思います。 本当にありがとうございました。 」 ( 東岡崎駅前で'10,4,1 ソウルバー Dr.Smithをオープンさせる松田さん )




「 5時間の講習は大変中身が濃く、驚きと納得の連続。コツの中のコツを惜しげもなく披露してくれたマスターに、限りなく感謝しています。お酒をつくるテクニックだけでなく、バーのマネージメントや経営していくためのマインドも教えてもらいました。マスターに引かれてやってきたのは、お酒からグラス、そして氷まで、講習に必要なあらゆる道具が詰め込まれた重たいスーツケース。そのスーツケースには、マスターの情熱がしっかり詰め込まれていたことを、講習が終わって確信したのでした。マスター!本当にありがとうございました。 」 (ケニヤ・ナイロビでバーを開店するMさん)




'08,11,5(水)バーテンダースクール5時間3万円コース「 スクールに関して、、、マスターは非常に気さく且つ丁寧な方で、スクール(指導)をお願いして良かったと思います。 写真はちょっと威圧感ありますけどね(笑) スクール後の個人的な質問にもしっかり答えて下さったので、本当に有り難いの一言です。迷っているそこのあなた、いますぐ電話してスクールを予約しましょう!(笑) いや、本当にビックリです。カクテルの飲み比べだけでも十分に満足できますよ。  カクテルに関して、、、 上海バタフライ恐るべし! 各材料が主張し合うことなく、完全な協和音となって新しい味に仕上がってます。舌の上で転がして楽しめるお酒って、こういうもののことをいうんだなと思いました。(以上、アラウンドザワールド) 溶けていないマティーニ、この飲みごこちは、、、不思議な感じさえします。まろやかな感じの中にも芯のあるシャキッとした感じ、、、う〜ん、言葉では表現するのは難しいです!! 」 (板橋から来た U さん、20才)




'08,10,15(水)バーテンダースクール5時間3万円コース「 マスターが気さくで良かったです。 お店の雰囲気も良くて楽しめました。 これからも復習しつつ 何足でもワラジをはこうと決めました(笑) 」 (埼玉から来た、元レストランバー勤務の N さん)






'08,6,30(月)バーテンダースクール5時間コース「 シャンハイバタフライと、プースカフェ(レインボー)のテクニックに強くひかれました! 飲み比べをしてみて、味オンチかと思っていた自分にも違いがよくわかり、「バーテンダー業界って深いんだな」と改めてしりごみW。教わった基本をじっくり練習して、一歩でもおいしいお酒に近づこうと思います。本当に来てよかったです。     」 (葛飾から来た、飲食店勤務の O さん)




'08,6,16(月)バーテンダースクール5時間コース「 将来、バーを開業したいという思いがあって、参加させて頂きました。お酒の作りかただけでなく、グラスのふき方や、氷の割り方など、ていねいに教えて頂き、とても参考になりました。これからも、いろいろと教えてもらえたら有難いです。ありがとうございました。 」 (千葉から来た I さん)




'08,6,2 (月)バーテンダースクール5時間コース「 道具の手入れから、氷などの状態まで、なにより、下準備が大切なんですねぇ。 料理は水ですねってゆうように、お酒は氷なんですね。なにより第一歩が大事なんだなぁと感じました。 カクテルの飲み比べをやってみて、カクテルって底が見えないなぁ〜!!って思いました。 後は習った事を練習します。 」 (名古屋から来た H さん)




'08,4,28(月)バーテンダースクール5時間3万円コース「 何種類かシェークの仕方を変えて作って頂きましたが、上海バタフライのカクテルの美味しさには驚愕しました。 ステアの仕方、メジャー スプーンの使い方など、それぞれ手とり足とり丁寧に教えていただきました。ありがとうございました。 3万円は安いです! あとは家で自分で一生懸命練習します。ありがとうございました! 」 (元ジャズバー店長 Y さん)


 



卒業生のお店200.jpg



Bar SO-WHAT2-255.jpg

〇 Bar SO-WHAT
バー ソーワット 
 (千葉県松戸市日暮)





竹取物語34-255.jpg

〇 のんべぇおやじ’s BAR 
( 埼玉県奥秩父・御宿 竹取物語 )





alaska 2-255.jpg

〇 VINTAGEMUSIC BAR ALASKA 
( 東京都杉並区高円寺 )





ロゴ 5GALLONS.jpg

〇 イージーライダーカフェ5ガロン 
( 歌舞伎町 新宿ゴールデン街花園三番街 )





ロゴ バーリトルウィング.jpg

〇 Bar Little Wing(バー リトルウィング) 
( 北海道札幌市北区麻生町 )





バー サブログ 255.jpg

〇 酒 Bar 360" (バー  サブログ ) 
( 東京都品川区中延 荏原町駅 )





blind pig tokyo.png

〇 カフェバー ブラインドピッグトウキョウ 
( 東京都中野区江古田 )





ロゴ ソウルバー Dr.Smith .jpg

〇 ソウルバー Dr.Smith 
( 愛知県岡崎市 )










バーテンダースクール トップページへ戻る




本ブログ内すべてのページにおける、記事・画像等の著作権は、
☆上海マスターにあります。
また、本ブログ内で紹介している
アーティストの作品、
ホームページ上の画像等についての
著作権は、原著作者にあります。
無断転載・転用、個人的な範囲の使用目的以外での複製等は
おやめください。




カクテル紹介.JPG

アプリコットクーラー
K アプリコットクーラー100.jpg

アラウンドザワールド
K アラウンドザワールド100.jpg

アラスカ
K アラスカ-100.jpg

アレキサンダーシスター
K アレキサンダーシスター100.jpg

イエローキャブ
K イエローキャブ100.jpg

イスラデピノス
K イスラデピノス100.jpg

キーティー
K キーティー100.jpg

ギムレット
K ギムレット100.jpg

キューバリブレ
K キューバリブレ100.jpg

キルシュカシス
K キルシュカシス100.jpg

グリーンスパイダー
K グリーンスパイダー100.jpg

ジャックローズ
K ジャックローズ100.jpg

シャンハイガフ
K シャンハイガフ100.jpg

ショットガン
K ショットガン100.jpg

シンガポールスリング
K シンガポールスリング100.jpg

スプモーニ
K スプモーニ100.jpg

スローテキーラ
K スローテキーラ100.jpg

トゥエンティー!!
(プースカフェ20段)
(レインボー20段)
K トゥエンティー!!100.jpg

タックスビール
K タックスビール2-100.jpg

テキーラサンセット
東京サンセット
ニューヨーク
ネグローニ
K ネグローニ 2-100.jpg

バーボネーズ
パナシェ
ブラッディーマリー
(ブラッディーシーザー)

フラミンゴ・レディ
K フラミンゴレディ2-100.jpg

ブルドック
ブルームーン
マティーニ
マルガリータ
マンデー・ピクニック
モヒート
ラヴィアンローズ
ラグナセカ
K ラグナセカ-100.jpg

リニアトニック
ルビーカシス
レインボー
レゲェパンチ
レモンサワー
ロングアイランド・ギムレット